2019.10.16

そんたくズの地域活性イベント担当大臣こと田中寿司ロボットこと田中義樹です。

先日のコントライブは足元最悪の中沢山の人に来ていただけてとても嬉しかったです。また何かあったら見に来てください。

 

そんたくズの次の活動なのですが、今月10月27日の日曜日に、

引込線/放射線と言う展示の中の特別イベントとして、中学生高校生向けに演劇、パフォーマンスのワークショップを行います!

 

演劇部の子、気分転換にいつもと違う場所でワークショップしてみませんか?

美術部の人で作品でパフォーマンスを取り入れてみたい子、とりあえず人前で体を動かしたり、声を出してみたりしてみませんか?

今回は発声、ストレッチから入って、実践編では自分が体験したことを再現する短い劇をそれぞれで作っていこうと思っています。そんなに難しいことはしないはずです!

 

なんとなーく中学や、高校を出てから舞台や演劇の方面に行きたいなー。でも最近ニュースみてる感じだと芸術の方面って未来無さそうだなーとか思ってて、誰かに相談したいなー話したいなー。でもクラスにそういうこと話す人いないなーとか思ってる子達、ぜひ一緒に話してみましょう。こっちもだいたいおんなじこと思っているので。

こっちはこっちで楽しく表現やっていこうぜ!

 

 

ということで、もし知り合いの子で興味がありそうな人がいたら誘ってみてあげてください!予約はこちらのメールに!質問などもお気軽にどうぞ。

bashiba3244@gmail.com(担当:橋場)

 

こちらがウェブサイトです。https://hikikomisen-hoshasen.com

ではでは!

↑タップで画像を拡大


2019.9.19

そんたくズの単独ライブが10月13,14日にArtCenterOngoingであるよ!絶対きてね

 

以下、寄稿文。

 

「そんたくズが起こす奇跡」

そんたくズの単独ライブがまた始まる。

その知らせを聞いただけで、パッと明日を生きる活力が湧いてくるような気がしてくるのは、おそらく私だけではないはずだ。

 

私がそんたくズと出会ったのは、今日のような9月のまだ夏の暑さが残る雨が降る夜のことだった。私はその日、初めてそんたくズの脳味噌(いや、この場ではあえて蟹味噌という表現を使うのが適切であろうか)であるペットロスター井上と出会った。彼は雨の中、下北沢の駅の前で自分の皮膚に、亡くしたペットのカブトムシの刺青を自ら刻み込んでいる最中であった。まるで現代のブラックジャックかのような医療行為に私は釘付けになってしまった。私は彼とコンタクトをとって見たが、彼は当時、言語を「ブ」と「べ」しか発することができなかったこともあり、コミュニケーションは極めて困難を極めた。

しかし、うんこ漢字ドリルを買い与えて見たところ、次の日にはまるでドナルド・キーンのように流暢に日本語を話し始めたので、私は彼の吸収力に感服した。全国統一模試を受けさせたところ、偏差値が5兆を超え、もしかしたら自分は歴史を変える男と出会ったと心がドキドキしたのだ。すぐにこのことをたくさんの人に伝えようと新聞のイラスト募集コーナーに投稿したが掲載されず、この現代日本の審美眼のなさを呪った。

しかし、今回またそんたくズのライブが始まる。

今回のライブこそ、彼らの才能が正しく世界に伝わるライブであると確信している。

吉祥寺の小さなステージから世界がパッと変わる瞬間を目撃できるのだ。

この瞬間を見ることができる人たちはなんて幸運なんだろう。心が踊る。

私は、見たいテレビがあるのでどうしても当日ライブに行くことができないのが残念であるが、皆さんはこの機会を逃さないでほしい。

 

ライター:アナル森崎


2019.9.3 1WALL グラフィック部門グランプリを

獲りました。すごいね。


2018.5.24

ソード村田としての個展が5.30-6.5に高円寺にて行われます。

 

日程:5月30日(水)-6月5日(火)

時間:13:00-21:00

場所:キタコレビル はやとちり

〒166-0002 東京都杉並区高円寺3-4-11


Copyright(c)Tanaka Yoshiki All Rights Reserved